フリーランスには税務の知識が不可欠です

main-img

会社に勤めていますと、税金関連のことはすべて会社がやってくれていました。

会社員がお金関連でやることと言いますと交通費や会社関連の備品購入の領収証を経理の人とやりとりをするくらいです。

Weblio辞書情報をご紹介いたします。

ですから、税金のことなど知識を持っていなくともなんの問題もありません。
しかし、フリーランスになりますとそれでは済みません。税金を支払う先は税務署か市町村です。つまり所得税と住民税のことですが、これらの行政機関は基本的にやさしくはありません。

「やさしく」とは納める側の立場になって対応してくれないという意味です。
例えば、スーパーや今流行りの製造小売業といわれる洋服関連の企業はお客様に足を運んでもらおうといろいろなサービスや工夫をしています。

頻繁にメールを送ったりDMを送ったりなどあの手この手で関係を密にしようとします。

フリーランスに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

ですから、自分が気がつかないことでも企業側から教えてくれることがあります。そうしたサービスをしないと離れてしまうからです。

それに対して行政は住民や国民が離れようと関係ありません。
例えば、手続きをしないことで損をすることがあってもその手続きについて行政側から教えてくれることなどほとんどありません。つまり、税金関連の手続きは自分で調べてすべてやらないと損をすることがあります。フリーランスになりますと税金関連についてはしっかりと知識と情報を身に着けていませんと税金を多く払うこともあり得ます。

フリーランスになる際はそうしたことにも注意をすることがとても大切です。



基本知識

subpage1

出版業界のライターやジャーナリスト、芸能人、脚本家など、多彩な職業でフリーランサーが活躍しています。フリーランサーは、仕事を請け負うごとに契約を結ぶという形をとっています。...

more

知っておきたい常識

subpage2

フリーランスを行ううえで最も重要なことはお金をきちんともらうことです。このように書きますと、「当たり前」と考える人がいますが、実は実際にフリーランスをやってみますと「当たり前」ではなくなることに驚くことになります。...

more

ビジネスの補足説明

subpage3

フリーランスで仕事をするのに向いている人は、まずは自分で自分のことを管理できる人ということが重要な条件となります。会社勤めをするのとは違い、基本的に自分の仕事のスケジュールは自分でコントロールする必要があります。...

more

最新情報

subpage4

最近は組織に属するのではなくて、フリーランスという生き方を選ぶ人が増えています。なぜそのようなことを選ぶのかというと、今は組織というものが意味を無くしてきているということがいえます。...

more